頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどがあり、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり入浴で毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあると血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

page top