頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

男性も女性も将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、またはできやすい人は、シャンプー方法を変えた方がいいと思います。

 

大切なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

シャンプー後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

page top