頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

 

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

 

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や正しくない洗髪で、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

頭皮が赤いということは血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

顔色ならば、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

page top