頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

 

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどがあり、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、枕と炎症部分が擦れることで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることが大切です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

page top