頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となってにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top