頭皮の赤みの理由とは、まずはシャンプーです。

頭皮の赤みの理由とは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、いつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

page top