頭皮湿疹が特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

頭皮湿疹が特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

焦って病院の診察を受けようとしない。

 

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が治りは早いですね。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

page top