頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛の対策につながります。

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛の対策につながります。

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を見直します。

 

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は使わない方が無難です。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くそのため指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、それにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top