顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、気になるかもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、またはできやすい人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで流しきることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛の対策につながります。

 

痒みがあるということは、頭皮に何らかのトラブルがあると(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

page top