頭皮や髪にはシリコンは良くない聞いたことがあると、健康な髪や頭皮にするためには絶対にノンシリコンにすべきと考えがちですが、

頭皮や髪にはシリコンは良くない聞いたことがあると、健康な髪や頭皮にするためには絶対にノンシリコンにすべきと考えがちですが、

実はそんなことはありません。

 

 

一般に使われるシリコンは、自然界にあるケイ素系の有機化合物です。

 

ヘアケア製品、基礎化粧品(保湿剤など)、コスメ製品などスプレーかどうか形状に関係なく、コスパの良し悪しはあっても肌に直接使われる製品、医療関係にも滝に使われています。

 

ヘアケア製品でいうとシリコンは、髪につやを出したり、滑らかにしたりする役割があります。

 

洗髪の時だけでなく、ドライヤーの使うときや普段の生活でも髪へのダメージなどから守る役割もあります。

 

 

 

 

 

シリコンは、髪の毛や毛穴(頭皮)に蓄積されるものと思われる場合がありますが、市販品でも芸能人愛用のシャンプーでも美容院やサロンの取扱品、男性用女性用にかかわらず、シリコンが髪や毛穴に蓄積する事実は認知されていません。

 

ふつうは、シリコンと洗浄成分が時間差で働くように開発されているので、古いシリコンが洗浄され、そのうえで新しシリコンが到達するという仕組みです。

 

 

 

 

 

痒み、乾燥、フケ、べたつき、ニオイなどの頭皮トラブルをなくすためには、原因と考えられる常在菌のマラセチア菌に注意を向ける必要があります。

 

残念ながらそれらを無くすことはできませんが、少なくすれば問題となる症状を引き起こすのリスクを軽減することが可能です。

 

どうするかというとマラセチア菌の餌の過剰な皮脂量にならないようにします。

 

餌がなければ、活発にならないし、増殖も抑えられます。

 

また、マラセチア菌は頭皮だけでなく毛穴の中にもいます。

 

つまり、毛穴までケアしないといけないということです。

 

頭皮のケアは毛穴のケアでもあるということですね。

 

シャンプーでもクレンジングでも薬局で買える市販のアイテムにしても、グッズの良し悪しではなく頭皮毛穴ケアをきちんとできないと本当のケアにならないということです。

 

 

 

 

 

page top