アラントインは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、

アラントインは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、

細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

 

 

化粧品に含まれると医薬部外品となります。

 

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に利用し化粧品の中の刺激性を緩和することで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に価値のある成分です。

 

また、育毛の効果があったり、花粉症の目にも有効のため目薬に利用される成分です。

 

 

 

 

 

精神的ストレスや睡眠時間の不足、食生活の乱れもカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を体の内面から起こす原因です。

 

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり寝不足は、体全部の血流を悪くします。

 

それにより新陳代謝が鈍り、角質の入れ替わりの肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。

 

それは肌が外側の刺激に耐える力や水分を保つ機能が低下し、乾燥してきます。

 

この症状は、頭皮でも同じです。

 

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌の循環過程が短い場合が多いです。

 

肌の循環過程を正しく行うためには、まず正しい睡眠が必要です。

 

就寝後90分間が、最初のノンレム睡眠(深い眠り)なので、1回目のノンレム睡眠をしっかり眠ることが大切です。

 

次に食生活です。

 

ビタミンを正しく摂れないことが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように心がけましょう。

 

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

 

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、手軽さでいえばバナナです。

 

 

 

 

 

かさぶたができる原因は、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹です。

 

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くて乾燥している感じです。

 

しかし悪化すると出血し、赤黒いかさぶたになることもあります。

 

痒みはできるだけ我慢して掻きすぎないようにしましょう。

 

肌に優しいシャンプーを継続することで、自力で治せる可能性もあります。

 

接触性皮膚炎によるかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので痒みが強いのが一般的です。

 

そのため出血するほど掻き過ぎてしまい、それからできる赤黒いかさぶたです。

 

水ぶくれや湿疹を発症することもあります。

 

シャンプーは低刺激の商品を使った方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、ほとんど白いかさぶたになります。

 

肌の常在菌であるマラセチア菌の餌になる皮脂が過剰で、その菌によって炎症を起こし、ターンオーバーが正しく行われなくなるからです。

 

頭部白癬でのかさぶたは、黄色や赤黒まで様々です。

 

原因は白癬菌で、水虫が頭皮にできたと考えてください。

 

4つの中では症状が取れるまで最も時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 

 

page top