頭皮が乾燥する原因は、様々です。

頭皮が乾燥する原因は、様々です。

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

 

 

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

 

頭皮の最低限の皮脂さえも取り除いてしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなるとかさぶたの様になります。

 

また、市販されているトニックシャンプーなどを過剰な頻度で使うとか、頭皮に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因になると言えます。

 

それと暑いシャワーを頭皮にあてても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、乾燥の改善を阻みます。

 

このように髪や毛穴の清潔さを保つためのシャンプーが引き金となって、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

他に頭皮への悪い刺激といえば、紫外線、空気の乾燥、寒さなどですので積極的な保湿を意識しましょう。

 

 

 

 

 

かさぶたができる原因は、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹という皮膚炎によるものです。

 

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くカサついています。

 

しかし悪化すると出血し、赤黒いかさぶたになることもあります。

 

強い痒みがあっても掻きすぎないようにしましょう。

 

刺激の強いシャンプーを使わなければ、症状の改善もあり得ます。

 

接触性皮膚炎によるかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので痒みが強いのが一般的です。

 

そのため掻きすぎて出血し、それで赤黒くなります。

 

湿疹や水膨れの症状を発症することもあります。

 

シャンプーは低刺激の商品を使った方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、白くなることが多いです。

 

肌の金のエネルギー源である皮脂が多すぎるため、その菌によって炎症を起こし、肌の循環再生が正常に働かなくなるからです。

 

頭部白癬によるかさぶたは、膿によるもの、血が固まったものがあります。

 

原因は白癬菌で、水虫が頭皮にできたと考えてください。

 

4つの中では症状が取れるまで相当時間がかかるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮がの痒い、痛い、カサカサなど症状は、頭皮の乾燥が原因が1つです。

 

乾燥している頭皮は、頭皮に水分を維持する機能と抗菌的な機能が、弱くなるので、いろいろな頭皮のトラブルを引き起こすわけです。

 

頭皮トラブルの代表格といえば、フケですね。

 

フケは、脂性と乾性の2種類あります。

 

乾性フケは、簡単に言えば頭皮の乾燥が進み、その結果、表皮細胞が剥がれたものです。

 

健康な頭皮であれば、目立たない大きさのはずですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

 

もう1つの頭皮のトラブルは湿疹です。

 

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

 

中でも乾皮症皮脂欠乏症湿疹は乾燥が主な原因で、皮膚のひび割れ、カサカサのことでやはり冬に多く見受けられる症状です。

 

それと頭皮トラブルに起因する抜け毛も重大ですが、それについては、また別の機会にお話しします。

 

 

 

 

 

page top