頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するための餌になるからです。

 

 

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

 

肌のすべてに皮脂腺はあって、特に頭部には多いです。

 

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをもっとも分泌する場所であり、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

 

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

 

 

 

 

 

汗を放置すると不愉快にニオイのもととなります。

 

汗のコントロールは、頭皮に湿疹ができてしまうことも防ぐことができます。

 

ネットでの口コミによれば、重曹とハッカ油を利用して制汗剤や消臭剤を手作りできるので、デオドラントにはおすすめですが、汗拭きや制汗などコンビニでも買える市販品でも手軽に汗対策することが必要です。

 

どんな商品を使えばいいか、最初は売れ筋ランキングの上位から選んでも良いと思います。

 

美容室やサロンで聞いた話では、頭皮クレンジングやヘッドスパは気持ちもさっぱりするし、頭皮の臭い対策としても良いようです。

 

ただし、何よりも自宅でのシャンプーはもちろんシャンプー後のケアが重要とのことです。

 

シャンプーには気を使っているのに乾燥する場合があります。

 

そんな時は、オイルシャンプー、オイルマッサージ、オイルクレンジングを試してみるといいでしょう。

 

ちなみに最近は、塩浴が流行っています。

 

シャンプー剤や石鹸・ボディソープなどを使わずにしおだけでケアする方法です。

 

例えば、海で海水が付いた髪が数時間後にべたつくのと同じ理屈で、余分な皮脂が塩分によって浮かすということです。

 

 

 

 

 

頭皮の匂いに気づいたとき、消臭スプレーでごまかしたが、長くはもたなかった。

 

もしかしてこのニオイはある意味病気?

 

頭皮の臭い対策シャンプーはもちろん使っているが、丁寧に使っても治ったとは思えない。

 

臭う時の対処法として、人気ランキング上位のシャンプーを使ったが、イマイチ効果を感じることができなかった。

 

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

 

 

 

 

 

page top