頭皮のにおいは性格さえも悪くする!

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれ...

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶...

痒いならなおさらです。できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう...

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすい肌にします。では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがあり...

それらが毛穴に残ってしまって発症します。蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のため...

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂...

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。温めの温度は、38℃くらいでしょうか。頭皮に刺激が強すぎてはいけません。シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗...

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いで...

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。皮脂が過剰になったり、頭皮...

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。未熟ですからバリア機...

page top